これだけは覚えておきたいお通夜の常識

恥をかかないための服装

恥をかかないための服装の写真

お通夜に参列をする時は、遺族や喪主、親族に失礼に当たらないように、服装のマナーを身に付けておく必要があります。
一般参列者の場合は男性は黒の喪服を着用して、女性の場合は喪服用のワンピースやスーツを着用します。
現代は略礼装で問題はありませんが、女性の場合はお肌の露出の多いデザインは避ける必要があります。
暑い時期でも素足は失礼に当たるので、黒のストッキングを必ず着用しましょう。
男性の場合は黒のネクタイや靴下、光沢のないシューズを着用することが大事です。
清潔な印象を持ってもらうために白いシャツや靴などに、汚れが付いていないか必ずチェックをしましょう。
遺族や親族は黒の和服を着用することが多いですが、一般参列者の場合は遺族や家族よりも格式の高い服装はマナー違反になります。
親戚や親族以外の一般参列者の場合は、お通夜の時に和服を着用するのは避けたほうが良いでしょう。
一般参列者が和服を着用すると、変に目立ってしまいますし、マナー違反になるので恥をかいてしまうので避けたほうが無難です。
お葬式の時はなるべくアクセサリー類を付けない人が多いですが、結婚指輪やパールのネックレスは着用しても問題はありません。
女性の場合はお肌の露出を控えるために、慶事用のブラックフォーマルを着用したり、膝丈よりも短いスカートは着用するのは避けて下さい。
基本的な服装のマナーを知っておくと、恥をかかなくて済むので安心して下さい。
事前に年長者にアドバイスを受けておくと良いでしょう。