これだけは覚えておきたいお通夜の常識

お通夜だけ参列すればOK

お通夜だけ参列すればOKの写真

知人や友人、近隣住民などが亡くなると、お通夜や告別式などのお葬式に参列をする必要がありますが、現代は仕事や育児で忙しい人が増えており、昼間に行う告別式に参列をするのが難しい人が増加しています。
故人と親しい間柄の友人や知人、親戚の人は別ですが、一般参列者の場合はお通夜だけに参加しても失礼には当たらないので安心して下さい。
住んでいる値域や宗派によっても多少の違いがありますが、一般参列者の場合はどちらかだけに出席をする人が増加傾向にあります。
現代は夜の6時から、7時から始まるお通夜は大変重要なお葬式の儀式になっているため、昼間に都合が付かない場合は、開式の30分前には到着をするように配慮すると良いでしょう。
昼間は仕事で忙しい人が多いですが、夕方や夜間は都合が付く人が多いので、現代のお葬式は夜に参列をする人が多い傾向があります。
故人と親しい友人や知人の場合は、両方に出席をする人も多いですが、一般参列者の場合はどちらかに参加すると良いでしょう。
親しい人の訃報は突然入るので、慌ててしまうことが多いですが、基本的な参列のマナーを知っておくといざという時に慌てずに済みます。
20代、30代を過ぎると就職をしたり、結婚を経験する人が多いので、お葬式のマナーを身に付けておく必要があります。
斎場の中に入ったらなるべく私語は慎むようにして、携帯電話はマナーモードか電源を切っておくようにして下さい。
大きな声で話すのは厳禁です。